インターネット上では様々な誹謗中傷が飛び交い、特に、多くの人間との接点がある企業はその標的にされやすいものです。

退職した元社員、就職面接を受けて落とされ学生、サービスに対して不服のある顧客、関係がうまくいっていない取引先の社員、ライバル企業などといった相手からの悪意が牙を剥く可能性は常にあります。



それらの相手は匿名性で守られているゆえにたちが悪く、しかも、第三者が介入して誹謗中傷が拡散されると一企業の力では手に負えなくなってしまいます。

それに対して、以前から提唱されている対抗手段が、逆SEO対策です。

まず、攻撃対象になっている企業のサイトを多数立ち上げて、それをSEOの技術によって検索エンジンの上位に押し上げます。

教えてgoo情報を調べるならこのサイトです。

そうすることによって、誹謗中傷の書かれたサイトを相対的に押し下げ、利用者の目に触れにくくさせるというわけです。

しかし、この方法は根本的な解決になっていない上に、以前に比べると実行自体が困難になっています。


それは大手検索エンジンが、サイトの表示順位を決定する判定基準として、内容の充実度という要素を盛り込んできたためです。

当然、小手先のSEOだけでは表示順位を上げることはできなくなり、対費用効果も低くなってしまいます。

FX情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。

そこで、新たに注目されているのがコンテンツSEOです。これはサイトの品質を高めることで検索エンジンの表示順位を高めようというもので、SEOの手法を一歩前に進めた存在だと言えるでしょう。
これを用いれば誹謗中傷対策になると同時に、こちら側からはよりポジティブなメッセージを利用者に発信することになるのでビジネス面においても大きな利を得ることができます。

Copyright (C) 2015 誹謗中傷対策としての逆SEOとコンテンツSEO All Rights Reserved.